ひろの「サラリーマンのための不動産経営」
サラリーマンのための不動産経営、不動産投資、マンション経営、アパート経営、売りアパート、金持ち父さん、大家さん、アパートローン、、賃貸経営、不動産管理、不動産売買、現物投資、サラリーマンの副業、キャッシュフローの増加をテーマにしたページです。
      



不動産経営実録
      

1.不動産経営に目覚める  

NO.02 賃貸か購入か  

新居を探すにあたって迷ったのが賃貸か購入か。これも、どこにでもあることですよね。ただ、私たち夫婦の中で決めていた特徴的なことだったのは一つ。


「おばあちゃんが元気な間だけ、おばあちゃんと別居する。」


 おばあちゃんは80歳です。今はピンピン元気元気。ですが、もしものことがあったら私が面倒を見るつもりでいます。そんな中、賃貸が得か購入が得か、をまず決定する必要がありました。

 ただ、私の中にあったのは「購入ありき」だったのです。なぜって、「自分の城」が欲しいじゃありませんか。賃貸なんて「よそ様の家」ですから。「欲しい欲しい」が先走っています。その物件は、

●平成9年建築分譲マンション
●大阪のターミナル駅から準急20分徒歩10分
●55u3LDK
●1080万円
●管理費等1.5万円

 任意売却物件で、不動産屋さん曰く「築浅なのにこの値段はでません。1000万円までなら交渉します。お買い得です。」
 確かに6年落ち(当時)で、この値段は周りのマンションの相場と比べてなんとなく200万円位安いような気がします。

よっしゃ、いっちょ賃貸と分譲それぞれシュミレーションしてみよう。

と、考えて悩んだのが「何年そこに住むの?、その後どうするの?」
いつ、おばあちゃんのところに帰ることになるのか。
えいやぁ、で5年間と仮定しました。その後は、
えいやぁ、で800万円で売却できたとしました。(なんとなく)

5年間居住した場合
<賃貸の場合>
物件内容
40u2DKアパート 家賃6万円(共益費込)
敷金30万円、敷引き25万円、更新料不要
(関東での表現の仕方ですと、礼金25万円、敷金5万円、礼金25万円って高いですよね)

家賃5年間 360万円
礼金 25万円
合計 365万円


<分譲購入の場合>(それぞれ5年間の総計)
物件価格 1,000万円
諸費用 100万円
管理費計 90万円
固定資産税 40万円
ローン金利(600万円×1.0%×5年) 30万円
売却価格 -800万円
合計 460万円

差額 75万円
うわーーー、75万円も購入のほうが損だ



↑当時このようなシュミレーションを行いましたが、重要な観点が抜けていました。それは、「賃貸と分譲で物件が違う」ということです。今回比べた2物件は明らかに分譲のほうがグレードが高いです。それでは分譲のほうが費用が高くなるのはごく当たり前のこと。比べるのならば「同じマンションで購入するのか分譲貸しで住むのか」のほうがいいと私は思います。そうすればシュミレーション結果が変わってくると思います。

 ただ、それでも所有欲はシュミレーション結果をを吹き飛ばす魔力がありますが・・・。




      




 Copyright(C) 2005, Hiro ひろ ヒロ